産後の骨盤矯正

産後は様々な事が原因で腰痛を招きやすくなります。(もちろん妊娠中からも感じている方々がほとんどです。)

特に、妊娠中はお腹が大きくなるにつれて、重心が前方へ移動するので骨盤の傾きが生じてきます。

その結果、腹筋は弱くなり、腰も反り返り、腰椎や腰を支える筋肉の負担が増加します。

出産後。お腹の重心が正常な位置に近づきますが、腹筋が弱ったままなので、腰の反り返る傾向はよく見られます。自然に骨盤の開きが戻らなくて症状が出てしまう場合、産後の骨盤矯正をご検討ください。

そして、生活パターンが赤ちゃん中心になっていきます。

赤ちゃんを抱っこすることや、夜泣きなどで睡眠時間が削られ、全身的に疲労がたまります。

長時間の抱っこは、腕や肩の張り、腰の痛みなど、様々な症状を引き起こします。

これらの原因は「骨盤の不具合(ズレ)」が大半を占めています。また、妊娠中はホルモンバランスの影響で、骨盤を支えている靭帯が緩くなります。当然、骨盤に不具合が生じるので骨盤の歪みが起きやすくなります。

当院の施術で、産後の骨盤矯正をし、骨盤の不具合を緩和することで症状が改善していくことができます。また、骨盤を整えることによって、ホルモンバランスを正す結果にもつながります。

当院の骨盤矯正はブロックを使い、寝ている状態でゆっくりボキボキせず矯正するので身体に負担がかかりません。

一般的に産後2~6ヶ月が適してると言われますが、6ヶ月過ぎても問題なく矯正できます。

ただし産後に不正出血が続く場合は、病院で医師の診察を受けてください。

産後に腰や股関節に痛み・違和感が出たら当院にご相談ください。